歴史と今後

おまわりさん

オーダーメイドはイギリスが発祥の地とされ、18世紀頃に一部の特定階級において、仲間と同じユニフォームを着るという文化が流行したことが始まりと言われています。
イギリスでは、スーツなどは現在においても、新品の注文品を購入するのが一般的で、スタイルも伝統的なブリティッシュスタイルが主流です。

日本国内においても、オーダーメイドの制服は経済的かつ個性的であるという長所が再び見直されていることもあって、今後も採用する企業が増えると見られています。

オーダーのお役立ち情報
ユニフォームや制服は、仕事にせよ娯楽にせよ組織やチームに所属するメンバーの一体感を高めるために一定の効果をもたらします。
このため、オリジナルデザインのものをオーダーする場合も少なくありませんが、期待した通りの仕上がりを目指すのであれば、事前の業者との調整は不可欠です。
不明確な仕様でオーダーしたとしても、受け手の業者が仕上がりをイメージできず、ぼんやりとした製品ができるだけです。

仕上がりの予想図、生地の厚さ、色合いなどを事前に十分に確認することが肝要です。

オーダーについて

人形 制服

オーダーとは、オーダーメイドの略でユーザーの仕様に合わせて製品を作ってもらうことです。

例えば、企業の制服やユニフォームでは、取引先の来社やお客様の来店に一番に目がいきそのイメージや風土が判断や印象付けるものになります。どんな企業なのか、どんな個性があるのかをオフィスや店舗に合わせてデザインして訴求することが重要となります。そのためには、マーケティングやコンサルティングを駆使した企画であるかがポイントです。

オーダーできる業者

警官

制服とは会社や学校が定めている服の事を言います。会社や学校によって服装が違っており、統一性を持たせる事によって規律を高める効果が出てきます。また会社や学校に所属している証にもなるので、服を見る事で何処に所属しているのかある程度把握する事ができます。

そんな制服やユニフォームをオーダーできる業者が多く存在しています。こちらの希望を依頼や注文時に伝える事によって、希望通りの服を制作してもらう事が可能になります。

制服の効果
デパートやスーパー、銀行、病院、さまざまな場所で制服は着用されています。着用する側は、私服を汚す心配や、毎朝コーディネートを心配することがないのでなくてはならないものです。また、昔からなじみのある服は店舗を訪れる私たちに安心感を与えてくれます。

お客さまとして店舗を訪れるほうは同一のユニフォームを着ていることで、店員とお客さまの区別がつきやすく、また人目でわかる店舗の顔としての役割もあります。それだけに店舗の顔としての制服は、重要であり企業はデザインをオーダーをしているのです。

制服のお役立ち
制服のお役立ち情報はオーダーメイドの製品です。
自社用のユニフォームや、イベントなどのスタッフ衣装などを好きなデザインで作成することが出来るためとても便利なサービスです。
制服はさまざまなタイプが選べてカラーバリエーションも豊富なため、オリジナルで個性的な服を作作成出来るアイテムです。

資料請求は無料で出来るため、詳しい内容や納期などを確認するのに役立ちます。

見積もり依頼もスピーディーに出来るため人気です。